マスカレード・ホテルがおすすめ |

このホテルという舞台で起こる様々な人間模様がおもしろい。帯には「完璧に化けろ。週末にかけて楽しみたいと思います。

早速ご紹介!

2017年10月02日 ランキング上位商品↑

マスカレード・ホテルマスカレード・ホテル (集英社文庫) [ 東野圭吾 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

読む時間がたっぷりあるときに読み始めることをオススメします。あれですね,新参者風にひとつの物語に色々な人物が絡んでくる展開です。2作並べて書棚に置きたいではないか。こちらはなかなか読みごたえがある一冊。まだ読み始めですが面白そうです。でもそのほうが読みやすいかもしれません。マスカレードホテル。参考まで。まだ,序盤で展開が不明ですが,相変わらず引き込まれる文脈,人物の配置など感服いたします。 2冊とも帯付きで10月までのキャンペーンを実施していました。長編ですが読み始めると面白くて次の展開が気になり夜更かししてでも読みたいと思う作品でした。そして!一番いいなあと思ったのが!読後感。人には、それぞれ表と裏の顔がある。終盤、そっちかっ!と。マスカレード・イブと同時に購入。文庫本発売を楽しみにしてました。小説は、いつも寝る前に読書灯を点けて、ちびちびと読み進めるタイプですが、こればっかりはやめられない、止まらない状態。短編集ですが、登場人物の描写が鋭くついつい引き込まれます。読み終わったあとから「ああ!そういうことだったのか」と思うことも多くて!(いい意味で)騙された〜って感じになります。 前置きが長くなったが、そういう訳で、二度目の読了を終えて数日。 これからホテルで殺人が起こる! 犯人は誰なのか?誰を殺そうとしているのか? この二つの疑問が!どちらもまさか?意外!と思える答えを詳らかにされるとき!これはもう!快感としか表現できない!興奮が訪れます。これ以上はネタバレになるので自粛します。 数多くの登場人物の点が線になる面白さは、氏の作品の一つの特徴とも言えるが、今作はそうではない。東野さんの作品らしく!いろんな伏線が複雑に絡み合って!ひとつの大きなストーリーができあがっているように思いました。そんな人々が集うホテル・・・マスカレード・ホテル。やっぱり!東野圭吾作品は面白いので!楽しみです。最初は展開がちょっとまだるっこい気もしましたが、後半は一気に読み終えました。「マスカレード・ホテル」の次作となれば!買わずにはおれない!読まずにはおれない。:文庫にしては!厚いなあと思いましたが!読み始めたら!止まらない・・・あっという間に読了。何度読んでも!面白い。前半からさりげなくバラバラに張られている伏線が!一気に終息するのは!快感です。その一人一人が主役となるストーリーが読みたくなりました。素性の知らない者同士の多数が同じ場所で寝泊まりすることになる。7/18発売予定。敏腕の若き刑事;新田とホテルクラーク;山岸が鋭い観察力で事件に挑みます。→読み進みました。ホテルマン(女性だが)と刑事のタッグ、所謂、バディものというところか。 そのような柱がある中で、殺人事件が発生していく。さすが東野さん、相変わらずの安定感です。週末に一気に読みました。読み始めると、一気に最後まで〜というパターンが多いのはやっぱり面白いからなんでしょうねぇ・・・読み始めました。 私が作中で強く感じた事は、二人の主人公の、プロフェショナルさ、である。とにかく読み進めるのが楽しみです。以前読んだことがあったのですが、マスカレード・イヴを読んで、二人の活躍を読み返したくなってポチ。まだ読めていませんが!読んだダンナいわく!ラストは犯人の意外さに驚かされたそうです。予約済のこの本がいつ着くのが楽しみです。ホテルコルテシア。容疑者も標的も不明。また実写化しそうなので、その前に読んでおくかと手に取りました。残された暗号から判明したのは次の犯行場所。アラフィフ妻→東野圭吾の「ガリレオシリーズ」「加賀恭一郎シリーズ」を読んでいたのですが!文庫になっているものは読みつくしてしまったので!目に留まった「マスカレード・イヴ」を読みました。読み終わって!どんより暗い気持ちになる本は!最近カンベンなのです。東野圭吾作品を同時に3冊購入しました!ようやく1冊読み終わったので、こちらはこれからです。「マスカレード・イヴ発売決定!」という広告に。東野さんの本を読むのは久しぶりなのですが、また文体が変わったような??小説というよりト書きの多い脚本みたいな印象。 丁度、買い物マラソン時期だったので、予約したが、1000円の壁には少々の不足がある。事件には関係ない出来事!トラブルもホテルという場所ならではで興味深いです。いつもながら東野圭吾作品は楽しみです。母にしては珍しく大分熱中して読んでいるようですので、自分でもそのうち読んでみようと思っております。続編も楽しみです。そして!それがあることで!感情移入も出来るし!自己を顧みることも出来るし!それこそが!物語を骨太にしていくのであろう。 なんでも!「マスカレード・イブ」は!「マスカレード・ホテル」に至る前の二人のストーリーらしい。刑事がホテルのフロントマンっていう設定そのものが意表をつきますよね(^^ゞ二人の今後の関係も気になるところです(●^o^●)母が新聞広告で目にしてほしがったためにマスカレード・イブと同時購入致しました。とにかく、すっきり爽やか。いろいろな出来事が入り組んでいて!先が読めなくてどきどきします。「イヴ」とともに購入し読むことをオススメします。東野作品は手元にずっと置いて何度も読み返すというよりは、一度読んで満足という事が多いのですが、文庫新刊が出るとついつい買ってしまいます。決して見破られるな」とあり、冒頭から刑事がホテルマンになりきるシーンがあるのでそのことかとずっと思い込んでいました。何より!登場人物が!それぞれ魅力的。「イヴ」だけの時はあまり面白くないかな?と思いましたが、この続編をよんだら面白く、「イヴ」とともに2度読みしました。タイトルと装丁からはアガサ・クリスティー的な古典風の推理小説を想像してしまいますが、いやいや、そんな生優しいものではありません。久しぶりに夢中で読書しました(笑)次の作品も楽しみです!。そこで、単行本で買ってある「マスカレード・ホテル」、文庫であわせて買う事にした。だって!「マスカレード・イブ」はいきなり文庫だ。まだ読んでいないので!☆4にしました。ホテルが舞台で、その描写も、そこで働く人々の描写も細かくてリアリティがありました。或る日、新聞紙上の1点に目が釘付けになった。 ホテルマンとしての!刑事としての!あるべき姿の追求をし!覚悟し!もがき苦しむ!その姿にこそ感銘を覚えずにはいられない。