サレンダード・ワイフがオススメ!

購入してよかったです。これから結婚する予定で、レビューをいろいろみて参考になると思い購入しました。そこから良いスパイラルが生まれ、良い関係が育つと。

10月2日 おすすめ!

2017年10月02日 ランキング上位商品↑

サレンダード・ワイフ賢い女は男を立てる サレンダード・ワイフ (知的生きかた文庫) [ ローラ・ドイル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

我が家は!夫に家計を任せるまではしませんが!それを思えば!大抵の他の事は信頼して任せてみようと思います。自分でも色々試行錯誤を考えたりしても分からなくてこの本と出会い足りなかったものやどうすべきか!分かりやすく書いてあり!夫婦凄い素敵な日を過ごせるキッカケとなった本です。結婚のバイブルになりました〜これからも旦那様とおじいちゃんおばあちゃんになってもなかよくしていきたいですヽ(´ー`)ノ国が違っても、夫婦のあり方は大差ないようで、共感できます。途中で辞めるかな?と思いきや最後まで読めました。普段から仲良し夫婦ですが、たまに夫の気分を害したりしてしまう私の言動を見直したいと考え購入しました!子育てについても、夫は夫のやり方があることを認めることが出来そう!子育てがこれから変わり、円満に出来そう!本当に、おすすめ!「あなたがそう言うのなら」の一言、相手が急成長します。まずは自分がかわること!今でも何度も読み返しています。ちょっとした我慢で円満にすごせるのはわかりましたが!まだまだ修行が必要です。とても楽になりました!感謝です。読んでると例えが面白くドンドン読んでしまいます。古典的正統派相当昔に文庫では無い大き目の本が出版されており、そちらを持っていました。 最後に、「この本を読んで実践しようと思ったからといって、『本を読んで男を立てようと思ったの♪』などとは決して言ってはならないことまで書いてあるところがこの本の親切なところです。成功してくれれば嬉しいんだけど、何だかうちの場合は実戦したことによってますます調子に乗って悪い方向へ進んでいるような感じもあり、相手の男性の性格もありますので全ての男性に当てはまるのかは疑問です?実戦する加減が難しいなぁ…参考になり読みやすく良い本でした。気がついたことが双方にあったようで、結果大変効果的でした。内容はなかなか面白いです。前よりは主人に優しくできそうです。相手を自分の思い通りに動かそうなんて無理なことなのですね。^^;目からウロコとはまさにこの事!ページを読み進めるたびに、あ、私こういう事言っちゃう!ある、ある!と納得させられます。。夫婦仲で悩んでいて!少し前に「新良妻賢母のすすめ」を読みました。友人にすすめられて購入。今まで「優しさ」をはき違えておりました。 普段心がけていることも書いてありましたが、それ以上に必要なことがたくさんあると考えさせられた一冊でした。今後も繰り返し読み、女の役割を忘れないようにしないとなーって思います。タイトルの付け方がちょっと悪いよなぁ。なーんだ、あれこれ指図するんじゃなくて「あなたにお任せするわ」と可愛く微笑んでいるだけで男性は勝手に成長してくれるのね♪「〜ねばならない」が多めのしっかり者女子には是非ともお読みいただきたいです。本は外国人のエッセイなので読みづらく!かなり日数がかかりましたが!我慢して最後まで読んで良かったです。「魚を授ければ一日の糧!竿を授ければ一生の糧」相手の成長を温かく見守ってあげる愛にあふれた女性でありたいです。男を思い通りにコントロールするために、敢えてコントロールしないでおくということを学ぶ本です。それを言ったら男の人はどう思うかなどが丁寧にかかれている為!勉強になります。----------子供がいる家庭についても書かれており、自分(妻)が余裕を持つには、セルフケアが必要。結婚している女性は読むべし。旦那様もとてもやさしくなってくれました。「夫の考えを尊重し、任せる」方法など、具体的にはいちいち文句をつけず(不安や不満に思っても)言うまま任せる。考え直すことばかりです。それが男の人からすると「信頼されていると感じ!やる気も出る」など!男女の考え方の違いも勉強できます。たくさん笑いました。この本は、「男を立てる昭和の価値観を復活させるための本」ではなく、「結婚生活を幸せなものにするための本」です。奥さんにあげましたが、ご主人も読んだそうです。という考えに陥りがちですが、読みすすめていくと、それが回り道の様で、最良の道かもと思えます。男を立てて一歩下手に出ることで!その結果自分が得られる果実(優しさ・金・などなど)が増大し!自分の利益になるのなら!いくらでも下手に出ようじゃありませんか。男性にはわからない女性の考え方、女性にはわからない男性の考え方や、つい陥りやすい思考パターンなど、丁寧に解説しています。内容は似てはいますが!同じ事も違う見方でかいてあったりもするので!改めて反省しながら二周目読んでます。夫立てるのは難しいし!下手だけど!夫から言ってくれたことが嬉しく!これからも頑張ろうと思いました。この本を読んでる途中で、たまたま主人と家のお金の話をしていたところ夫の方から、「家計簿、僕が付けようか?お金のこと把握したいし」と言ってくれました。笑あまり本を読む人間ではないのですが、タイトルに吸い込まれ価格も手頃な為に購入しました。とても素敵な本です。今回!文庫本で出版されたので!夫婦げんかの絶えないところにプレゼントしました。最近結婚した友人にもおすすめしたいです。役にたてたいです1日で変わり凄いビックリしました。「新良妻賢母のすすめ」と同じような内容ですが!宗教的な感じが薄く!読みやすいです。実践してみるとケンカの回数が減り、今ではほとんどしていません。2人の幸せのためにこれからも意識してみたいですね(笑)結婚前からケンカが絶えなかったのですが、原因がわかってきてとてもうれしいです。外国では、子育てに祖父母はあまり関係しないのかな?子供が保育園や幼稚園に入る前は、ベビーシッターに預けるから?子育てについてもチラっと書かれてあったので、欲を言えば、祖父母との信頼関係構築方法も書いて欲しかったです。おそらく、以前よりも夫を立てるように意識していたからかな。----------夫婦!男女関係についての本なので!当たり前かもしれませんが!この本には祖父母の事が書かれていません。おとこばかりの会社で!利口でいたくて!本を購入。という項目も勉強になります。本当に参考になり!繰り返し読んでいました。たとえフェミニストでも!功利主義者なら実践に値します。 結婚したら長い二人の生活が始まりますが、これをいつも読みながら頑張って生きたいと思います。この本も夫婦問題についてのサイトやブログによく紹介されているので!読んでみました。子供が小さいうちは子供第一で(それはそうなんですが)子供を置いて!母親が自分の事を楽しむなんて…。旧態の夫婦形態を薦めているのかした?と思うような書名ですが!ただ男を立てろ女は我慢が美徳なんて中身じゃありません。「立てる」=「任せる、信頼する」という事かな?逆を言えば、今まで「立ててない」=「信頼してない」っと受け取ってたのかな、と思えます。